車中泊を楽しむなら やっぱりテレビがないと!



車中泊とテレビ


錆鉄人のこれまでの車中泊は1日を徹底的に走り回り
疲れ果てて車中泊場所に到着して
ビールを飲んで爆睡

天女は毎日の生活でもっと疲れ果てているので
車が走っている時も到着してからでも
いつでも、いつまででも寝ているという状況でした。

しかし、還暦に達した錆鉄人は体力も精神的なスタミナも落ちてきて
これまでのように走り回る事は不可能になるとともに
遂に憧れの時間持ちの仲間入りですから、走り回る必要もありません。

これからは
原則、暗くなる前に車中泊ポイントに駐車し
ゆっくり朝食を食べてから出発しようと思っています。
(性格的に実行出来るかどうかは?なので「原則」ですが・・・)

「ヘトヘト車中泊モード」から
「エンジョイ車中泊モード」への変換です。

という事で、車の中で長時間過ごす事になるので
テレビが重要になると思われます。






どこでもテレビ
錆鉄人は普段あまりテレビを見ません。
というのは、ゴールデンタイムの民放の放送は、錆鉄人的にはほとんど見るに耐えない番組だからです。
サッカーの試合や、旅行や温泉の番組は見ますが、それらはほとんど衛星です。

地デジは錆鉄人の居住地域では原則受信不可能(錆鉄人の場合は地形的に裏山に反射した電波を受信して地デジの視聴が可能)ですが、衛星放送なら、衛星アンテナさえあればどんな山間部でも(南側に高い山がない限り)受信可能です。

衛星アンテナのセットは50cm角で高さ20cm位の箱に収納出来るので、エブリイにも積載可能です。しかし、セットする為には錆鉄人の嫌いなルーフキャリアかリヤキャリアが必要です。
(嫌いな理由は値段が高いうえに雨の時は使用出来ないばかりではなく、脚立が余分に必要で大きな積載スペースを取る上に、走行安定性と燃費が悪化するからです)

しかも我が家に衛星アンテナを設置する時、買った衛星アンテナが不良品ではないかと思った程、衛星の方向を合わせる事が難しいのです。
これでは、折角車中泊ポイントに駐車しても、おちおちビールを飲んでいられないばかりではなく、気の短い錆鉄人は不愉快になってしまいます。

という事で、衛星受信計画は当面棚上げです。
カーナビのテレビ
錆鉄人のステップワゴンには、最初はアナログTV対応のカーナビが設置されていましたが、地デジ化が進みだした頃、親切な車上荒らしさんがスライドドアの窓ガラスを割って、ダッシュボードを割ってカーナビを取り外してくれました。(場所は国道から1時間以上かかる山奥の幌尻岳登山口の駐車場でした。)
という事で、またまた親切な自動車保険会社さんが、無料でワンセグ付のカーナビを取り付けてくれました。(勿論、取り付けたのはホンダのディーラーさんですが)
親切なというのは、錆鉄人は車対車対応の車両保険にしか入っていなかったのですが、盗難の場合は対応していたので、車の修理もカーナビを付ける事も保険で対応してもらえたのです。しかも、普通は保険を使うと翌年は料金がアップするのですが、盗難なので自分の責任はないという事でしょうか、保険は安いままでした。
これに深く感謝している錆鉄人は、車を持っている間は浮気せずにこの保険会社さんの保険に入り続けようと思っています。というのは、その数年前にも当て逃げをされて、相手は免許証を置いて逃げたのですが、その免許証と証拠写真があったので、やはり保険で修理対応してもらったからです。(この時は自己負担5万円があったかもしれませんが・・・)
という事で、今のステップワゴンだけで修理代を130万円程も出してもらっているのですから・・・(これも天女効果かしら?)


ワンセグになった時、受信性能アップに期待しましたが、東名を走ってもほとんど受信出来る所がありませんでした。しかし、今では電波状態が良くなったようで、何割かは受信出来るようになりました。(新東名は全然駄目ですが・・・)
しかしながら、もうステップワゴンで遠征する事はなくなりました。
今は通勤時に朝ドラの2度見(聞き)をしています。

エブリイのカーナビ
お義母さんの足腰が弱って、ステップワゴンの乗り降りが辛くなった頃から、泊まりの遠征はムーブで行くようになりました。
しかし、ステップワゴンのカーナビに慣れた錆鉄人は、走りながら地図を見て目的地に行く能力が衰えてしまっていたのでした。
例によって、天女のナビは反応が遅くて、交差点を通過してからしか曲がる指示をしてくれません。

という事で、ムーブを買い換えてからも使用出来るようにと考え、オンダッショ型のメモリーナビを購入しました。

2アンテナで地デジ対応、7インチWVGAの高画質でありながら39,000円、同等のゴリラは7万円以上していました。
ただし、買った時期はタイの大洪水の影響で部品が不足していてカーナビが高かった時で、数ヵ月後に見ると1万円も安くなっていてちょっと悔しい気分でした。

2アンテナですが、飛躍的に感度がアップするという事はなく、テレビ受信能力を改善出来ないかと考えていました。



エー・アイ・ディ JM-FT-780
(今は販売していません)
アクオス購入
ところで、我が家には50インチのテレビ1台しかありません。
愛妻家の錆鉄人は、天女が台所でもテレビ見られるようにという理由をつけて19インチのアクオスを買いました。勿論、車に積んで車中泊でも見るつもりでした。

アクオスを選んだのは、画質はビエラよりも劣り、消費電力もビエラより多かったのですが、外付けHDを接続出来たからでした。

ところが・・・リモコンを紛失してしまい留守録が出来なくなってしまいました。
(下にダンボールの大きなゴミ箱が置いてあったので、落ちてゴミと一緒に捨ててしまった可能性が高いのです。)

しかしながら、2チューナーのHDDレコーダーを買ったので、HDDを接続して使用する必要はなくなり、消費電力の多さと画質の悪さと言う欠点のみが残ってしまったのでありました。
しかも、車で使用する場合、どうやってアンテナを接続するかという問題点もあります。

しかしながら金無し錆鉄人は、いえ、節約家の錆鉄人は、
何とかしてアクオスを使えないかと考えていたのであります。


4アンテナ地デジチューナー購入
錆鉄人のカーナビは受信能力が悪く、改善を考えていました。

4アンテナの地デジチューナーは4つのアンテナからの電波を合成するので、1アンテナや2アンテナのチューナーと比べて遥かに受信感度が良いという触れ込みです。

という事で4アンテナで一番安かったのですが、クチコミの評価が高かったケイヨーのAN-T007を購入しました。
確か9000円程度だったように思いますが、価格ドットコムを見てみると(2013年1月2日現在)12,400円にもなっていたので、凄く得した気分の錆鉄人でありました。



4アンテナを苦労して貼り付け、引き回しして、接続ケーブルも買って来たのですが、日本仕様とは色が違い試行錯誤の末やっと写るようになりましたが、ビックリするような感度アップは達成できませんでした。

しかも、この地デジの電波をカーナビのAV入力モードで見ようとすると、地図が全く見えなくなってしまいます。錆鉄人的には走行中は天女に見てもらい、錆鉄人は音声を聞いていれば良いので、地図とテレビの2画面表示が必要なのでした。

という事で、4アンテナ地デジチューナーは現在ほとんど使用していない状況なのでありました。


ポータブルDVD
そこで考えたのが、10インチ程度の液晶が付いているポータブルDVDの購入です。
ソニーやパナソニックの製品は7インチで2万円とか、それこそガラパゴス状態ですが、価格ドットコムを見ると、10インチで1万円以下の製品がいくつもあります。大抵は3電源対応(AC、シガー電源、内蔵バッテリー)で液晶が小さい分、消費電力も少なく、地デジチューナーが付いている製品まであります。

天女はお父さんがいいと思うようにしてね、と全面信頼モード。

10インチなら9,000円位からありますが、どうせ買うなら液晶は大きいほうがいいと考えましたが、その分、消費電力もアップします。
という事で、アマゾンも含めてクチコミをチェックしましたが、中国製品なので品質や使い勝手はかなり??

問題があったら返品可能かもしれませんが、そういう事を考えるとリアル店舗がいいと思って○マダ電機さんを覗いてみましたが、中国産の製品は7インチものしかなく、国産品は7インチで2万円もするのでした。
カーナビと同じというか、それ以上に不必要な機能の付加で高価格になっていてコストパフォーマンスで負けている状況で、あえて選択する意味がなく、パナソニックもソニーも大赤字の一端が窺えました。

という事で、購入に踏み切れない優柔不断な錆鉄人なのでありました。






10インチ地デジ付きで1万円前後からあります
再びアクオス
そんな満足に写るか分からない製品に1万円近くも出すのは、いかに裕福(の反対)な錆鉄人でも不安です。
ゆくゆくは、セカンドバッテリー搭載まで考えているので、少し位消費電力が多くてもアクオスを使うのが一番お得だという事に気がついたのです。

というのは、我が家には、ケーブルテレビの解約を目指して買ったUWPAが遊んでいたからです。カーナビで映るのだから、UWPAで十分に映るだろうと考えて購入したのですが、考えが甘かったようで8素子相当のUWPAでは全く写りませんでした。
(それでも執念で25素子相当の平面アンテナを購入してケーブルテレビの解約に漕ぎ着けたので、全く無駄な投資ではなかったと思う事にしています。)

ところで、UWPAにはUWPA-UPというブースター付きの機種があり、それは14素子相当と書かれています。
またまた都合の良い事には、我が家ではEテレのみうまく写らなかったので買ったブースターがあります。

まずはUWPAのみで、台所角に取り付けた地デジアンテナと同じ方向に向けて受信を試みましたが、予想通り全く映りません。
そこで、VBC22Uを取り外して、UWPAとアクオスの間に入れて、もう一度受信を試みると、ジャーン!売りました。
恐るべしブースター効果!

という事で、UWPAに性能の良いブースターを取り付ければ、車中泊ポイントでアクオスでテレビを見る事が出来そうになりました。
車中泊ポイントは山間部など電波状態が良くない所が多いと思われるので、もっと性能の良いブースターのほうが良いと思われます)

問題は、車中泊時にUWPAをどのように取り付けるかという事です。




UWPA 約3,000円


VBC22U 3800円
UWPAの取付
やはり屋根の上に取り付けないと電波を効率良く受信出来ないと思われます。しかしながら、ルーフキャリアかリヤキャリアは付けたくありません。

という所で、実はカーサイドタープを設置したいと考えて購入したダブルサクションリフターが2個あるのです。ちょっと大きいのが問題ですが、これにUWPAを取り付けて、屋根の上に吸着し、ケーブルを窓ガラスの上から引き込めば受信可能になりそうです。
という事で、取付ステーを作って、次回遠征する時に試してみたいのですが、次回は富山能登方面なので、吹雪の中、外に出てアンテナを屋根の上にセットして・・・というのは厳しいので、春になってからという事になるかも知れません。

その前にという事で、ダブルサクションリフターを持ってきてコタツ板に吸着してみました。
まずはレバーが相当硬く、なんとかレバーを外側に向けて倒すと、50kgといううたい文句は嘘ではないと思える吸着力です。むしろ屋根の鉄板が吸着力で曲がってしまわないか心配になるほどです。
レバーの硬さと共に若干扱い難さを感じます。


ダブルサクションリフター 50kg
寸法:470mm×160mm×100mm
地デジチューナーの感度アップ
当面、UWPA+ブースターで受信感度をアップさせ、それでカーナビのテレビを見るのが装備が少なくてエブリイには一番良いのではないかと考えました。
その前に、UWPA+ブースターを4アンテナ地デジチューナーに入力して、アクオスのRCA端子と接続してみましたが、全く受信しませんでした。
場所は小屋でやったので、電波状態が悪いのかと思い、アンテナを直接アクオスに接続するとちゃんと受信出来たのでどこかに問題があるはずです。



当面の方針
4アンテナ地デジチューナーへのUWPAの接続がうまくいったとしても、ブースターは必要です。

我が家の小屋の横(=玄関前)の反射波よりも条件の悪い所での車中泊の可能性はかなり高いのではないかと思われます。となると、より高性能のブースターが必要だろうという事で、41dB型を購入しました。
カスタマーレビューで「33dBのブースターで映らなかったものが映った」というのが購入の決め手でした。

それに性能の良いブースターなら、UWPAを車内に置いたままでも受信出来るかもしれませんから。

ブースターはDC15Vで動いていますが、AC入力です。バッテリーで動くと無駄がないのですが・・・
いずれにしても、アクオスを見るならインバーターは必要なので同じ事ではあります。


6,600円!
結露対策
車内でアクオスを見ていた場合、やはり内部は高温になっていると思われるので、電気を切って車中泊している時に、内部が結露して故障する恐れがあります。

その対策は、車内の雰囲気(早い話が空気)とアクオスを遮断し、車内に大量に存在する水蒸気がアクオス内部に入らないようにすれば良い訳です。
という事で、視聴終了後はゴミ袋を被せておくことで結露対策にしようと考えています。



結露対策ではありませんが、昨日エススキアリーナの初売りセールの案内が来ていたので、久しぶりに営業のNさんに会うためにはるばる福井まで出かけました。(実際は、日用品の入った福袋がもらえるというのが目的でした。)
その帰りに、車内の整理用にプラスチックケースを買ってきました。コロ付きで大きさは40cm×75cm×高さ18cm、蓋をすれば2段に重ねて置けるので場所もとらず、就寝時はそのまま棚(テーブル)の上に重ねておけるはずで、ある程度必要なものをその中に入れておけるので、便利になる筈です。
天女が浅いほうが良いという事で高さ18cmにしましたが、場合によっては床下収納も出来る優れものです。ただし、コロは必要ないので削り取ってさらに高さを低くするかもしれません。
耐加重は10kgと書かれていましたが、蓋をして錆鉄人がある程度体重をかけても大丈夫だったので、30kg位まで可能なような気がします。
これで548円!

問題は天女の収納の法則!
「収納容器が増えれば増えるほど、不必要なものが増えるだけで、さらに収納容器が必要になる」という恐るべき状況に陥っているのであります。

どうか、寝る場所がなくなりませんように!

ポータブルDVD購入
中国製品なので不良品が心配でしたが、遂に購入を決意しました。

というのは、長期間の遠征を考えた場合、テレビは必須だと思うのですが、その為に小さなエブリイに大きなバッテリーを搭載するのは難しいので、消費電力の小さなテレビが必要だからです。(サブバッテリーを搭載して充電出来るようにしても、消費電力が小さいのに越した事はないからです)
という事で、購入したのは地デジチューナー搭載12インチ液晶ポータブルDVDプレーヤーPDV-F121
決め手は

(1)3電源なので直接DC12Vに接続できるのでバッテリーの無駄がない(ポータブルは全部3電源ですが、アクオスと比べてという事です)
(2)12インチ液晶で1600×900の解像度(普通は1280×800程度です)
(3)充電時間が4時間と短く2時間使用可能(テレビだけならもっと視聴可能なはずです)
(4)アンテナ端子が通常のF型接栓の為、アンテナ・ブースターの接続が容易
(5)カスタマーレビューの評価が4点と高い(悪い評価は地デジが映らないという内容で、ちゃんとしたアンテナを接続しないのは当たり前)

消費電力は分かりませんが、12インチでありながら案外軽いのでバッテリー容量はそんなに大きくない筈で、それで2時間使用出来るなら他の10〜11インチクラスのポータブルDVDプレーヤーと大差はないと考えられます。

アマゾンのカスタマーレビューも4点と他の製品と比較して高めです。
評価の低い人は付属のアンテナで地デジが映らないと文句を言っていますが、そんなポータブルアンテナで受信出来るのは余程電波の良い所だけで、映らないのは当たり前です。
ただ、テレビ視聴目的で買ったという人が、映像も温泉もDVDのときよりも悪いと言っているのが気になりますが、その人もコストパフォーマンスは良いと言っているので良しとしました。

さあ、無事にまともな商品が届くでしょうか・・・
(天女に写経してもらわなくても大丈夫かな・・・)




12インチ地デジ付DVDプレーヤー
これで12,000円!

12000円のポータブルDVDを買うのにも
これだけ悩む錆鉄人でありました。


インバーター
錆鉄人は300Wのインバーターを持っていますが、ポータブル電源もインバーター付属です。
しかしながら、たった0.1A程度の為にインバーターを作動させるのは無駄が多いと思うので、ブースターが12Vで作動するか試してみたいと思います。




                       HOME 錆鉄人の感動人生へ

inserted by FC2 system